FC2ブログ

怠惰

パートさんが もっと稼ぎたいのだそうだ。

下手に稼ぐと あれとかこれとか とにかく世の中にある なんだかよくわからないけど 必要と言われている物が 支出と言う形になって、つまりは 請求書と言う明確な形になって目の前に現れるので、何とかしてください・・・と言ってきた。

簡単に言えば、「社会保険、半分 出してほしいの (ノ´▽`*)b☆」

・・・

頑張ってくれてる人だし、こっちも期待にこたえたいと思ったので、色々と調べてみたら社会保険事務所の役人から「やめとけ」っていわれた。相当な支出になるらしい。



パートさんの期待に応えつつ お役人のアドバイスを生かすには、さらに大量のあれやこれやを やらなければならない。
税務署行ったり銀行行ったり取引先にあいさつしたり、ハロワ行ったり労基行ったり・・・

簡単に言うなら 事業継承。


物凄くめんどくさいけど 必要な事ではある。

で、全てメンドクサイので完全に一人で生きる事は出来ないか調べた。
たぶんできるという結論に至った。

そのかわり、働けなくなったら死ぬんだけど。

ローンはあるけど同等の金融資産もある。だから借金は返してしまえばよい。
不動産もあるから家賃はいらない。

年金は無いに等しいので死ぬまで働く必要がある。


保険とか辞めれば 老後資金の貯蓄もできるだろう。
食い物屋だから食費は安いのと、仕事の内容から車の維持は絶対なので、


つまり事業を回してさえいれば 屋根の下で飢えることなく、車のある生活を アニメとか見ながら なんとなく生きて行ける。

結構なことだ。


でも本当は、自分くらいの年齢は、死ぬほど頑張って働かなければならない、そういう年齢なんだろう・・・
家族の為とか会社の為とか。


・・・


日曜日、午前中仕事。
午後から群馬方面の博物館に2つ行った。歴史地理部活動。

古墳時代の土師器が流通品だったのではないか?という立場の論文を根拠に 7世紀の在地系土師器の登場を 税制及び簡単な金融の理論で説明することで、大化の改新の諸政策の必然性が ほぼ説明できるようになった。
キーワードは、「土師器は貨幣」。

無文銀銭から和同開珎への流れを 「奈良時代に起きた通貨発行益の確保のための涙ぐましい努力」とする立場の研究ともつながるだろう。

正解なら歴史の教科書が2,3行変わる。

・・・

まあ、妄想はともかくとして、群馬への道は、往復とも一般道を通った。

高崎から家まで100㎞位だったかな?

自転車での往復は すごく嫌だけど、
輪行で行って、着いたらすぐに自転車で帰る という旅行ができるかもしれない。

名づけるなら「大人の帰宅部活動」か?


なんか怠惰だ。

まだ若いんだから 下らんこと考えとらんで 働かな いかんのう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

satokimadara

Author:satokimadara
おじさまです。タイトルを地味に変えました。食事制限をメインにしたダイエットブログのつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR