FC2ブログ

8月4日 ピーマンのケチャップ饂飩 (中級者向け)

8月4日 土曜

朝 なし
昼 ピーマンのケチャップ饂飩(2玉) 10単位
夕 (買い食い)天丼弁当、からあげ 15単位? 

運動 なし 支出400円位


【レシピ】
ピーマンのケチャップ饂飩 (中級者向け)

ケチャップ饂飩のレシピは書いてなかったと思うので 書いとく。
例によって役に立たないダイエットレシピだけど。


材料 2食分 
・ぴーまん すきなだけ (今回は1袋、5こ分くらい)
・ちくわ、魚肉ソーセージなど 常識の範囲で (今回は1本ずつ)
・無毒のきのこ  (今回はエノキダケ1袋)
・ケチャップ 適当 (今回はぶちゅーって4回位いれた。ぶちゅーーなら2回分くらいか)
・砂糖 適量 (味を見て酸っぱくない程度に入れる。今回は30g~50クラム位?)
・食用油 適量  機械油不可
・醤油、だしの素、謎の調味料、愛、憎しみ、絶望感はお好みで。

作り方。
前日仕込みとして以下の作業をやります。

1 心を清らかな状態にする。
今回はたまってる事務仕事をわきに置いて、録画してたアニメ「バックストリートガール ゴクドルズ」を見ました。

2 ため息をひとつついてから、下準備。
ピーマンを真っ二つに切る。 

切り方は縦方向にきる。
「ズバッ」もしくは「ザクッ」という擬音を用いて斬る場合は、通常指も同時に切っているはずなので、何か失敗をした人向け。

「あひゃひゃっ」と言う感じで切る場合は、通常乱切り状態になるので、あとで種と可食部分の分離がめんどくさい。
付近に聡明だけど自殺願望の強い少女がいる状況に無ければ、やるべきではない。

3 種をとる。
ズバッ、ザクッの人は、ここで泣いてもよい。

4 キノコを切る。ズバッ、ザクッの人は、ここでも泣いてよい。

5 ちくわ、魚肉ソーセージを切る。泣いてよいが、そろそろ諦める準備もするべきか。

6 フライパンに油をしき、焦げないように炒める。
調味料を 砂糖、ケチャップ、醤油の順に入れる。めんどくさければ 同時に。

火を使っているときは、絶望感や停滞感、「俺の人生いったい何だったんだ?」などの余計な感情を持ち込むべきではない。

炎を見て 見入ってしまう人は 非常に危険なので IHを使う事。
若しくは警察に自首すべき。日本国の場合、中止犯は罪にはならないから大丈夫なんじゃね?(゚∀゚)。

7 味見する。あきらめたり、「俺って料理の才能あるんじゃね?」って調子に乗ったりするポイント。 
食事用に最低半分は残しておくべき。酸っぱかったら砂糖増量。

苦かったら炒めすぎて焦げたか、キノコが毒キノコだった可能性がある。食材もしくは人生のどちらを諦めるべきだろう。
お好みでどうぞ。
(ゴクドルズを先に見ておくという作業はここで役に立ちます)


8 皿にうつす。フライパンはある程度温かいうちに洗うと汚れが落ちやすい。

9 粗熱をとってから冷蔵庫で冷やす。

霊安室を用いて冷やすという方法も考えられるが、上手く冷えるかよく知らない。
さほど冷えてなさそうな感じだけど、どーなんだろ。

夏向きではありそうだね。 でも長期保存には向かないかな?

先客がいる場合は勿論使用してはいけない。


10 美味しくいただくための一工夫として、1,2日絶食する方法をお勧めする。
おなかが空いていれば たいてい美味しいはずです。 


・食べる当日の作業

11 うどんを茹でる。今回は2玉。
鶏卵を用いて茹で卵を同時に作る場合は、卵のケツのほうをスプーンの背で軽くたたき、ひび割れさせておくと鍋の中で爆発しない。
また、卵とうどんを同時に茹でる場合は 「銀の匙第2話」の記憶を消してから行うこと。それから、他人に言うべきではない。魚類など鳥類の卵ではない場合は 特に問題はありません。


12 沸騰したら 火を止め放置。最低2時間。前日絶食をしなかった人は、この時間に歩きに行くと良いかもね。
卵はこの放置時間に半熟になります。(魚卵はしらないけど)
(自分は この後さらに1時間から半日、鍋に入れたままで冷蔵庫で冷やします。)

13 たまごのカラを剥き、ウドンは水洗いしたりしなかったりする。ざるに上げて水を切る。

14 丼ぶりに移し、前日炒めたピーマンをぶっ掛け、醤油、愛、唐揚げなどで味の調整。

15 観念して食う。


以上が、ピーマンのケチャップ饂飩のレシピです。
美味しくいただくコツは、あんまり深く考えないようにしながら食う事かな?


自己責任で おためしあれ (*´v`)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

satokimadara

Author:satokimadara
おじさまです。タイトルを地味に変えました。食事制限をメインにしたダイエットブログのつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR