FC2ブログ

平成26年のまとめ

【体重】
年初めに94kg台だったとおもう。現在99.1kg。+5kg。

ダイエットを意識しない期間=ブログ更新を怠っている期間って感じか。その間に着実に体重が増加していくw

当初このブログの書式は、冒頭に1日の食事内容を書くことから始まっていた。
いわゆるレコーディングダイエットというものだろう。
そういう作業が厭になって別の目標を立ててみたり走ってみたりしたけど、どれも結果を出せなかった。

結果が付いてこないから、なんとなく何もかも投げやりになって、どーでもいいや・・・って気持ちで買い食いした結果が、一番体重が減った状態から+15kgという現在の体重なんだろう。

これはダイエットではない。このままだと すぐに3桁に戻る。

この「どーでもいいか」って気持ち何とかしなければならないのだろうけど・・・


長期間”巨デブ”をやっていた自分は、人生の色々な場面で太っていることを諦める理由にしてきた。
太っていることは だらしのない人生の原因ではない。
だらしのない性格が体型に現れたものが肥満だと思う。

挫折感が諦めとか投げやりな性格の原因になっているのかもしれない・・・

実現の可能性がある適度に困難な目標と、それを実現する為の、ひたむきさが自分には必要なのかもしれない。

これは性格の問題だろうな・・・
簡単に変えられるものではないと思う。

少し考えようと思う。

まあそれはともかく、とりあえず1月以降の記事は以前の書式に復活して体重を減らす。
3桁から少しでも離れておかなければ・・・


【仕事】
順調だった。
売り上げでみると、一昨年を100とした場合、去年は85。今年は105くらい。
課題は多いのだけど、少しずつ改善してるかな・・・

父母に製造の重要な部分をいまだ頼っているのが最大の問題点。
んで、少しだけど改善したのは この部分なので、”順調”って考えることにした。
新しいジャンルの取引先が出来たのも、将来に向けた明るい展望ってとこか。

今後の展望だけど、自分は日本経済は東京オリンピックの年に最悪期を迎えるという前提で行動している。
景気が悪くなる理由はめんどくさいので書かない。
とにかくその時期を乗り切れば、あとは何とかなる。

それまでに持続可能な形に持っていかなければならない。

【趣味、遊び】
・山登り5回 川乗山2回、御前山、大菩薩嶺(キャンプ)、石割山
・美術展2回 東京芸大卒展、オルセー美術館展
・音楽会3回 羽村フィル2回、自衛隊音楽祭

祭日は基本的に仕事なので、休めるのは正月と日曜ばかり。んで1年に日曜は約50回ある。

山、絵、音楽と遊びに行ったのが合計で10回ってのは少なすぎる・・・が、
今年は30㎡の菜園を借りて野菜を作った。

大根、ニンジン、ジャガイモ、サツマイモ、カブ、サトイモ、ニンニク、生姜、キュウリ、トマト、ナス、カボチャ、ゴーヤ、ピーマン、ビタミン菜、ホウレン草、キャベツ、白菜、にら、玉ねぎ、黒豆、大豆、小豆、ソラマメ、えんどう、インゲン、米、
多すぎだろw

ほとんど失敗したけど、いくつかうまくいったのもあって、楽しかった。
農業の真似事をして遊んだ1年って感じかな。


【生活】
家族一同、健康面で特に問題なし。12月に新しいPCを買った。

好きな女の人ができた。
オスメスにかかわらず、人間なんぞ今まで好きになることはなかったので、
そういう状態になると、人生が薄いピンク色に輝いて見えるんだろうと思っていた。
でも、ピンク色には輝いて見えなかった。

逆に体型やら仕事やら年齢やら、どうしようもない現在の自分を直視するようになって絶望した。

薄いピンクではなく、真っ暗である

絶望の中、人間の行動について、いくつか適当な仮説を思いついた。
つまり、現実逃避である。

これはこれで楽しい



感想
まあ、なんとなく今年も終わった。
平穏と言えば平穏、無駄に生きたといえば無駄な1年ってことになる。

こういう人生は長くは続かない。そういう意味で貴重な1年だった。

何年かしてこの記事を読みなおしたとき、「平成26年は、つまんねえ年だったな・・・」って思えるよう、来年はもう少し努力しようと思う。
スポンサーサイト

12月反省会

12月まとめと反省会

体重 99.1kg(12月29日)
駄目だったな・・・来年は頑張ろう。



【12月目標】
(健康) 
・95kg台まで戻したい→失敗

(運動)
・走るのは50kmでいいか・・・→0km
・山登り1回以上→0回

(生活)
・買い食い禁止・・・→食いまくり
・ブログ更新も頑張れ!→減った
・早めに大掃除を始める→不十分

(仕事)
・確定申告の準備(最重要)→全くやってない
・新商品1品出す。新規取引を1件。→どちらも中途半端にやった。
・PCの新調→買った。

(趣味)
・大根、白菜の収穫と料理(キムチ、べったら漬け)→大根は収穫したが、白菜は収穫できるまで育ってない。失敗みたいだ。
・ベーコン、ソーセージ、味噌を作れたら作る。→やる暇がない。
・音楽会に1回行く。→羽村フィル。ブラームス1番。


感想
惨憺たる内容だ・・・仕事が忙しすぎた。全ての日曜が仕事になってたし、仕方ないかもしれない。
それでもダイエットと仕事は直接関係はないし、体重増加の理由にはならない。昼休みもほとんどとってないので、日中歩くこともできなかった。

これくらい目標を達成できないと、目標自体を立てる気力がわかなくなる。
今の時期は来年は何をしようって考える時期だしね・・・

ブログも何かネガティブな内容が多かった気がする。
ほんとうに仕事ばっかだった・・・

そういうわけで、1月の目標は立てないっていうか、まだ未定。

缶しるこ位の感謝


以前ご飯に誘おうとした納品先の大阪のお嬢さん(27)が、自分に「なーなー、私の事すきってほんとですか?」って聞いてきた。笑いながら。


あまりにも唐突だったので驚いたが、本当のことだし、隠したり否定したりする理由も特にない。
素直に認めつつ、何故わかったのか聞いたら正社員の誰だかがそーいったのだそうだ。

わかるもんだね・・・

「はい、そーですよ。いつも納品に来る時、『今日は○○さんいるかな~』ってドキドキしながら来てました」
って 言ってみた。

「ぜったい、うそやっ」って笑いながら客席の方に行ってしまった。
んで戻ってきて、風邪ひいたとか 25日から旅行に行くんで年内に会えるのは今日で最後だとか色々しゃべってた。

普通なら

『うおおおお、なんか脈有りっぽくないかあぁぁ?!きっかけを作ってくれた社員さん有難おおおォォ!!!こんど井村屋の缶しる粉、おごってやるからなぁ!!』なんだろうけど、

年齢差17歳を考えたら落ち込んだ。

たぶん無理だ。どうにもならない。

せめて彼女が5、6歳若く 年齢を さばよみしていれば良いんだけど・・・


・・・


缶しるこ、奢る必要はないな。

無理やり休日っぽくしてみた

先週も今週も日曜に仕事。
仕事が無いよりはマシって考えれば、充実した気分で1日を過ごせる。

でもまあ・・・そうは思っても休みが取れないというのは1週間に区切りがないのと同じだし。
こういうことばかりしていると、明日以降の平日、曜日の感覚が無くなるんだよな・・・

2時ころ、まだ少し仕事が残ってたが、父母に残りの仕事を頼んで遊びに行った。
70過ぎの親が働いているのに遊びに行く罪悪感を抱きつつ、羽村フィルハーモニーのコンサートを聴きに行った。
市民オーケストラね。
曲はブラームスの1番。

よかった。綺麗な音楽を聴きながら非日常の空間に身を置けば、なんとなく休みを取った気がする。
おかげで今日が休日になりました。

5時ころ戻り、残りの仕事をしながらパートさんからもらったトウガラシで食べるラー油を作ってみた。
スライスしたニンニクと長ネギを油で揚げる。MIXナッツを粉々にする。
ニンニクを揚げた油にトウガラシを入れてラー油を作る。

油が赤くなったら、ざるで漉し、ニンニクやミックスナッツを混ぜて出来あがり・・・

のはずだけど、辛いばかりでちっともうまくない。
味がないので味噌を投入。辛過ぎるので砂糖も投入・・・


失敗作を手直しすると味は直らないのに量だけが増えていって収拾がつかなくなる悪循環を久々にやった。

まあ休日イベントと考えれば、良しとしようか。
1晩置いてから味見してそれでも駄目だったら、最終手段で焼き肉のラー油漬けにしようか。

ダイエット食とはとても言えないけどねw

もし100kgを超えたら、たぶん心の中の何かが決壊する・・・

きのう久しぶりに実家に帰り、体重計に乗ったら、99.4kgだった。
夜9時ころの体重なので、いつも計っている昼食前検量ではないけど、正直びびった。

もし100kgを超えたら、たぶん心の中の何かが決壊する・・・


今日、昼過ぎに少し無理をして時間を作り、実家に行って体重を測ったら、98.5kg。
少しだけホッとした。

昨夜の99kg台でダイエットモードに入ったので、1日の摂取カロリーも21~22単位に抑えることができた。


食い過ぎて太ったらダイエットをし、少し体重が減って油断してまた食い過ぎて太りダイエット再開・・・
ってのは、ある意味、究極の普通のダイエットなのかもしれない。

ダイエットをしてからもうじき3年がたつ。2年以上2ケタ体重の生活をしてきた訳だけど、何も変わらないようで少しずつ変化が起きているって最近思うようになった。


140kg以上の時は10kgなど誤差と思ってたが、80kg台を経験した後の10kg増はかなり重く感じる。

年内に1kg体重を減らそう・・・
97kg台で年を越そう・・・

10日で1kg、1日20単位~21単位の食事に10日で10時間のウォーキングをすればいいだけだ。たいしたことはない。

体重増加の恐怖ラインを 90kgのあたりで感じられるようになりたい。
とりあえず、3桁から少しでも遠ざかる。

今年もあとわずかだけど、これは年内にやるべきこと。
100kgは本当にいやだ・・・

年末年始の旅行計画

ヤフオクで東海汽船の株主優待を買った。

正月は伊豆諸島で優雅にキャンプと登山をしようという考えている。もちろん一人である。
船の予約も無事済んだ。テント泊りだから宿の予約も要らない。

夏の大菩薩でのソロキャンプは、この旅行のための練習である。


正月だから、離島の山には人なんかいないだろうし、冬だからキャンプ場も独り占めだろうし、きっと素晴らしい休日になるはずだ。

年末年始の旅行計画としては、ここ数年で最も楽しみな計画になったと自負しているんだけど・・・

この計画を人に話したら、「孤独死とかしてニュースになりそうですね」って言われた。


そんなにひどいかな・・・

しらたきでスーラ―タンメン作ったけど、お勧めはしない。

先週、糸こんにゃくの冷やし中華が安かったので買ってきた。
もちろん美味しくない。

黄色い麺のようなこんにゃくで、やたら酸っぱい胡麻だれをかけて食べるのだけど、歯のかみ合わせが悪いのか、普通のめんのようには噛み切れないので、長いまんま飲み込んでしまう。

12月で真冬の寒さの中、冷やし中華を食う方がおかしいのだろうが・・・

実家がキュウリとわかめの酢の物を持ってきたので、それにハムを少し足して食べたら、多少まともな味になった。見た目もそんなに悪くない。少し延びた中華めんって感じかな。



んで、今日。

胡麻の冷やし中華だれなら、味噌や豆板醤、練りゴマを足して中華だしを使えばスーラ―タンメンが作れるかもしれないって思ったのでやってみた。
麺の量が少ないので、普通の白滝を足してみた。ハサミで予め短く切った。自分なりの食いやすくするための改良。


「こんにゃくは茹で上がってから時間が経っても延びないのが便利だよな」って思いながら、スープを作る。予め茹でておいたコンニャクにネギを載せ、スープをかけて食ったらうまかった。

まあ、こんにゃくが旨いのではなく、スープが旨いだけだが。

赤茶色いスープの中で、黄色いこんにゃくはまるで本物の中華めんのようだけど、白滝は駄目だ。濁った赤茶色系の液体の中で細長い半透明のものが大量に見え隠れしている様は、「すはく」を連想させる。

すはくとは・・・知らない人は知らなくていい。知らないが故の幸福を軽視してはいけない。知らぬが仏見ぬこと清し、好奇心が猫を殺す。


白滝の入った袋の角を少しだけハサミで切って、中の水を捨てるときに白滝も一緒にぶにゅって出てくるのは、なまこが腸を出して敵を威嚇するのに似ていてなかなかグロテスクだ。


食後感もいまいち。中華めんを食った後の幸福感がない。まあ、中華めんを食ってないんだから当然だけど。

もうすこし美味しくするなら、白滝にある程度本物の中華めんを入れてみるといいのかとか思いながら食う。
スパゲッティーを重曹を入れて茹でたものを使うと、味はともかく匂いだけは中華めんと言うか、カンスイの匂いがするから多少誤魔化せるかもしれない。

食い物屋なので、普段食わない物を食う時、原価とか製造工程とか色々考えながら食う癖が付いている。自分でも作れるだろうかとか、どういう工程で作ったんだろうかとか、作り手は何を考えながら作ったのかとか・・・



白滝を黄色く着色して中華めんを作った人は当然、最初に普通の白滝で商品の開発をしたはずだと思う。
んで、黄色い色をつけた。

黄色い色をつけるとおいしそうだけど、つけないと気持ち悪いという事に気がついたんだろうねw



やってみないと判らないっていうか、やってみて初めて気がつく事の多さと言うか・・・なんていうんだろう。

「とりあえず、やってみる」ってのは色んな意味で重要だと思う。

けど、まあ白滝のラーメンはあんまりお勧めはできないけどねw

ファミリーヒストリー 臀肉事件

風邪をひいた。 

んで、なおった。


日記
きのうNHKのファミリーヒストリーって番組を見てた。
頭髪に特徴のある某タレントの家族史をやっていた。

そのタレントの曾祖父で、初代築地署署長をやった武東晴一ってひとの紹介で、担当した事件の中に臀肉事件ってのがチラッとうつってた・・・様な気がする。一瞬だったので、見間違いかもしれないが・・・

以前何となく見ていた冤罪ファイルにそういう名前の事件があったと思い、調べたらやっぱりあった・・・


Wikiにも出ている事件なので、有名な事件なのかもしれない。
簡単に書くと明治35年、11歳の男児を殺して その両目をえぐり取り、尻の肉を切り取ってスープを作り、義理の兄と嫁に飲ませたという事件。
人肉がハンセン病の治療薬になるという俗信を信じておこなったそうだが、裁判で無罪になっている。

被告人は3つの殺人で起訴され、1件が有罪で死刑になったそうだ。

番組では武東晴一の解決?した事件を、当時の新聞を映しながら2つほど、再現VTRのような感じで紹介していたから、武東晴一の担当した事件について色々調べたんだろう。
ならば当然、臀肉事件が明治時代の冤罪事件ってのも判ったはず。


NHKはそういう点については何も触れてなかったけど。





以下、ネットから拾ってきた犯人の最期の言葉

【刑場に向かう】

 1905年(明治38年)5月24日、東京・麹町で薬店を営む都築富五郎さん(23歳)が殺害され、現金350円が奪われた。逮捕されたのは野口男三郎(当時26歳)という男で、一審、二審とも死刑を言い渡された。

 事件から3年後の7月1日、男三郎は「明日死刑を執行する」旨を看守長から宣告される。
 その翌日、死刑執行の立会に東京監獄にやって来た斎藤弁護士が、看守室で男三郎に尋ねた。
「もう死ぬのだから薬屋殺しについても本当のことを言ってもよかろう」

 それに対して男三郎は、
「あれだけの事実があったなら、私でも私が殺したと判断するでしょう。ですから強いて争いはしません。しかし長い眼でみていて下さい。必ず真犯人が出てきます」
 とだけ答えた。



・・・・・・・・・


タレントの家族史の番組に、冤罪事件を一瞬でも映しこませたNHKの制作意図が分からない。

まさか見込み捜査が冤罪を産むということを告発するために、こういう番組を作った訳ではないだろうが・・・

やってしまった あはははは

体重を計った 98.1kg


やってしまった。あはははは。


・・・

11月30日に心を入れ替えて、自炊したんだが、しょうしょう遅すぎた気がしなくもない。

作ったものは例によって、うどんいりおじや。
畑で採れたサツマイモと大根とサトイモも使ったし、味噌仕立てにしたのでいつもより若干カロリー高めだが、おいしいから良い。

大根の葉を大量投入したので、緑黄色野菜たっぷりで栄養的には良いんだろうけど、見た目がよくないのが欠点。

12月に入り2日たつ。買い食いはしてない。


・・・

もう12月か。

ちょっと時間がたつの、早すぎやしないか?

プロフィール

satokimadara

Author:satokimadara
おじさまです。タイトルを地味に変えました。食事制限をメインにしたダイエットブログのつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR