FC2ブログ

コロナ相場の反省会

コロナ相場の反省会

令和2年の年初から、とりあえずコロナ相場がひと段落した5月末までの反省会。

証券会社に入れてある資産は、評価額が約10%ちょっと下がっている。
そのほとんどが、かんぽの評価損になる。

・1月 
2月の権利取り銘柄を探してた。

アークス(北海道、東北のスーパー)が チャート上に窓を開けて下げたので、購入。
いつもはユナイテッドスーパーマーケットホールディングスとか買うんだけど、この時点でまだ下方修正してなかったので買わなかった。スーパーは 前年が悪すぎたので、来期予想は良くなるはずとの予想から、押し目待ちをしてた状態。

コメダなども買いたかったが、割高感があったので買わなかった。

2019年の消費税増税により、2020年は不況と考えてた。
月初めにダブルインバースの買い注文を入れてたが、買えてなかったとかね(1月6日ブログ)。

その点、スーパーは軽減税率対象だし、生活必需品をあつかってるので あまり下げないだろな…って考えての行動。

この月に、日経平均はそれほど下がって無かったけど、裁定取引の買い残(金額ベース)が大きく下落し始めた。
イランの司令官をアメリカ軍が殺害したのが原因と言われてたような気がする。

何となく、当時の株価に違和感を感じてた。

(1月まとめ)
インバースの買い注文でもわかる通り、既に下落を予想してた月だったと思う。
だが実際は、現物株を買っている。ブログに新型肺炎とかの記事が無いので、今回のコロナを考えた行動では無い。



・2月
14日と19日にダブルインバースを購入した。

1月には中国で新型肺炎がはやっているニュースが出てた。
それに対し、株式市場が無反応という事に違和感を感じてたようだ(2月3日、4日ブログ)。

が、下げ相場への予感と2月3月の配当権利取りへの誘惑で、揺れてた(2月12日ブログ)。

新型肺炎への危機が身近に迫っているのを感じ始めてた(2月17日ブログ)。
学校閉鎖と美術館の臨時休館があった(2月28日ブログ)。


(2月まとめ)
身近なところにコロナへの危機を感じ始めたのに、株式市場が月半ばまでほぼ無反応だったことへの違和感が はんぱなかった。
特に米国株に対してそう思ってた。
この不安を抑えるのが、売りポジションを持つこと。自分は現物しかやらないので、インバース系になる。

だが、確信を持っていたわけではない。権利取りへの誘惑は 物凄く大きかった。

折角のお宝ポジションを 2月26日で手放してしまい(+3,5万円くらい)、優待や高配当のある現物株を買ってしまった。
買いは、コメダ、百十四銀行、すかいらーく。

コロナによる病気ではなく、コロナの与える影響について軽視してたと思う。
26日に利確してすぐ、28日に学校閉鎖や美術館の臨時休館。ほかに、お得意さんからの注文キャンセルなど。

実体経済が悪化するイベントが起こるタイミングでの 売りポジ解消と現物株の買い。

タイミングが悪すぎた。売りも買いももう1日待てばよかっただけの事なのに・・・
日柄の分散が出来てないから こういうことになる。


・3月
3月12日、JXTGと土木管理の買い
中国でコロナによる都市封鎖の解除。生産再開。


仕事の方が酷いことになってきて 株どころではなかった。
酷い状況を傍観しなければならない、そういう状態だったと思う。
売り上げが無い中、車を買い豚肉の仕入れを増やした。

困ってるときはお互い様と言うか、売り上げが下がって困ってる人から叩き買ったというか・・・
(今月、お礼とのことで自動車屋さんから、1万円分のクオカード貰った。なんか申し訳ない)

最後の資金(20万円位)で石油株と公共投資関連の内需株を購入。


(3月まとめ)

残してある最後の資金20万で買いを入れた。
日柄分散を行ったつもり。と言うか、最後の攻撃かな?

・・・

自分が仕事が無なくなっても、あるいは自分の労働が無価値になっても、ほかの誰かは働くだろ。
たぶんその人の仕事は無価値ではない・・・。

最後の1発の銃弾で戦局をひっくり返す事は出来ない。そういう弾を後生大事に持っていても仕方が無いと思う。
そういう時は撃つべきだ。撃って身軽になって 逃げるべきだ。

3月は、持っていても仕方ない金に働いてもらった。
んで、JXTGが3300円働いてくれました(期末配当)。

ささやかだね・・・


・4月
なにもせず。

ひまで、色々と考えてた。妄想と言った方が良いのかな?
米国で原油先物がマイナスになるという珍事。
緊急事態宣言。企業の倒産。世界的な財政出動と中央銀行による緩和拡大。

(4月まとめ)
資金が無いので買えないし、利益が出てないので売れない状態。
そんな中、百十四銀行やアークスなど、瞬間的にプラスになることがあった。

・・・

冬の暗闇の中、カラスの声が聞こえたような感じ・・・わかりますか?
カラスは夜明け前に鳴くんだよ。

夜明けは、視覚よりも聴覚に先に来る。

世界中で財政出動が決まり、経済への不安が解消され始めた。
が、仕事の方は最悪。うつうつとした日を過ごしてた。

倒産する会社も続出したし、お得意さんも1店舗閉店してしまったし。

そんな中、3月ほど株に関しては絶望はしてなかった。
むしろ、自信があった。

仕事は1,2か月先を見てやるけど、株式市場は6か月先を見る。
自分は働いてないけど、お金が働いてくれてるはず・・・と言う感じの月だった。

ささやかでも収入源(株の配当とか)が複数あるというのは、本当に少しだけど安心感がある。


・5月
5月21日 アークス売却、丹青社、CAP買
5月28日 百十四銀行、すかいらーく、土木管理、JXTG,丹青社、CAP 売却(+4万ちょっと)
5月28日 ダブルインバース買い

悪い経済指標が大量に出る。ピークアウトを実感。
仕事は暇だけど、豚肉の価格上昇など始まった。
緊急事態宣言解除


(5月まとめ)
アークスを売却した資金で 戻りの鈍かった銘柄を買う。
一応長期保有できそうな銘柄を選んだ。
んで、月末にほとんど売却。


コロナ相場が終了した。
実体経済への悪材料を大量に残して、とにかくひと段落。

仕事の方も 4月ほど悪くはない。

株価は異常なペースでもどし始めた。下落スピードが速かったので、戻りも早かった。

・・・

現在、2月に感じたような違和感を感じている。
株価は、何事もなかったかのように戻している。

本当に何もなかったのか?

日産が大規模リストラを始めた。航空会社がいくつも倒産した。アメリカで百貨店がつぶれまくった。
大量の失業者が出ている。メガバンクが貸倒引当を積み増して・・・

もう一度自問自答。
本当に、何もなかったのか?

・・・

今回は配当権利取りが無いので、迷うことは無い。日経平均はチャートの移動平均線(26週)にタッチした。
戻りのピークとしか思えない。


【コロナ相場のまとめ】
「コロナウィルスは 本当に人に影響を与えたのだろうか?」
「大量の死者は、インフルエンザと比べて本当に多かったのか?」
「患者数は検査したから見つかっただけではないのか?」

こういう考えが、今も自分には付きまとっている。

コロナの影響と一口に言うけど、経済、健康、生活、消費行動など 社会を構成する要素によって 影響の現れ方が違うと思い知らされた。

株を見るとき、とりあえずダウや日経平均、とぴ、なす、どいつ、どるえん、原油、金、金利、銅、バルチック、先物の残高など色々とみる。
各種の経済指標も見るし、自分の商売から分かることも考慮に入れる(このブログに豚肉の事とか書いてるのはそのせい)。


・・・


コロナ相場に関して、
1月に売り目線を持ち、2月に売りポジを持ち、3月に買い、5月利確なら うまく立ち回れたのではないか・・・?

間違ってるのか、正しいのかわからない。利益=正解なら、自分は間違ってなかったのだろうが・・・


問題は、かんぽ。1月時点から証券会社の資産残高が下がっているのは、これのせい。

損切出来ないのを 投資機会の損失とみるか、異なる時間軸での投資と考えるか・・・
時間の損失を考えるなら、株ごときに時間を使うこと自体 損失ではないか?
もっと自分の仕事に時間を使うべきだとか・・・

まあ、株式投資とかすきだからやってるだけだし。どこかで書いたけど、新聞の切り抜きは高校生から。株式欄の睨めっこは、中学生からだしw

たいして儲けられてないけど、21歳から株を初めて今まで生き残ってるのだから、それで十分なのかもしれない。


そんな訳で、
今回の「10年に一度のイベント」は事実上終わりと思っている。

今は2番底を取りに行くそういうスタンス。

これは、コロナ相場と呼ぶべきではない。
スポンサーサイト



3月24日 第二次大戦中の株価と現在の株価推移を調べた。

3月24日
食事 25単位?
運動 なし

株価上昇。前日のアメリカFRBの国債無制限買い入れと 2兆ドルの ばらまき政策案で、世界同時株高になった。

・・・

日本では日銀による株の買い入れや、事実上の国債引き受け(財政ファイナンス)が進んでいる。
世の中は、中国との物流、人の流れが減少しても、割と何とかなりそう?的な雰囲気。
工場の国内回帰が進むらしい。


国内での人の移動制限、イベント自粛、マスク等の品薄とネットでの転売禁止、メーカーが政府に優先的に納品させる法律の発動、言い訳ばかりしてる政府、有事のドル高円安、オリンピック延期・・・


・・・


これらはすべて、程度の差こそあれ、第二次大戦中に起こったことである。


コロナ危機は戦争と同じくらい大変なんだという風に考えるんだろうけど、確かにそうなんだろうけど、
自分はそうは思わない。


同じ行動があるなら、その行動に繋がる原因は、同じと考えるべきだ。

コロナで話題に上らなくなったけど、自国第一主義のナショナリズムの拡大とか、英国のEU離脱とか。
新興勢力(過去には日本、現在は中国)の拡張。大東亜共栄圏構想と一路一帯構想ね。


本気で尊敬してるヘッジファンドの人がやってるブログを見てるんだけど、この人の事、冗談ではなく本気で尊敬しているんだけど、
その人でさえ 歴史の見方のスパンが長期で100年、単位は1年くらいでしかない。短すぎるんだ。


自分がやっている歴史地理部活動と言うのは、主に弥生から古墳時代の制度と社会、国名の復元。
妄想みたいだけど、出来るからやっている。


この妄想wの前提は、「人は同じ条件下では同じ行動をとる」という事。

この仮説まで妄想と言うなら、社会科学系の学問は全て妄想だろう。
再現性の有無が科学なんだと思うからね。


社会科学系の学問は、ふつう、同時代の他地域で仮説の復元をめざす。
それを過去に同じような事を探せるか。
経済学にしても法学にしても、それを科学と言い張るのなら、過去の中にも同じ「原因→行動→結果」の現象を見つけることができるはずだ。

・・・

戦争になるとかそういう事を言ってるのではないよ。
けど、もしコロナ危機が戦争のようだと言うのなら、コロナの後は当然に戦後のような社会なのだろう。


第二次大戦後に何が起きたか 調べればよい。(ついでに戦時中の株価も)
現在の未来が書かれている。

んで、第二次大戦が終わったあとは、大戦前の状態には戻ってない。


・・・

そういう訳で、本日の行動。
・保険会社に電話した。ガン保険の見直しをする。
・積み立てニーサを開始する予定。たぶん外国の株を購入する。

・仕事では、豚肉の安値が続いているので、冷凍庫に入るだけ買いだめしようと思っている。
使わない部位は少し加工して安値で事実上の転売。

世の中がもう少し落ち着いたら、保存のきく商品の買いだめと、設備の更新をするつもり。
現金から物への移動をすすめる。


・・・

杞憂ならいいんだけどね。

2月26日 分母が見えない【株ネタ】

26日
食事 22単位
運動 歩行 1時間


日記 
【株ねた】
売り
・ダブルインバース 全株

新規買い
・すかいらーく 100株
・コメダ 100株
・百十四銀行 100株

ダブルインバースを利確した。少しはやかったか?
新規買いは いわゆる優待銘柄になる。コメダは2月権利取り最終日での買いとなった。ここまで下がるとは思ってなかった。

・・・

新型コロナによる肺炎について思う事。
(注意。以下に書くことは、あくまで、ど素人の個人的な考えです。間違ってると思うので、絶対に信用しないでね。)

今回の新型肺炎のさわぎ、なんか違和感がある。謀略とか生物兵器説とかそういうのではないよ。

なんていうか、「分母が見えない」んだな・・・

どういうことかと言うと、

例えば
「最初の日に1人患者が見つかりました。次の日は2人、その次は5人、その次は20人、その次は50人、その次は100人、その次に1000人・・・」

という報告があったとする。
1、2、5、20、50、100、1000の順に感染者が増えているとしたら、大変な勢いで感染者が増えていることになる。

放置しておくと、1万、10万、100万・・・となって、最後は人類の数を超えるだろう。
何に感染するのか?犬とか猫とかw

現在のニュースは、数字は違うけど、こういう感染のイメージではないか。

・・・

「分母が見え無い」というのは、「検査した数」が見えないという事。

1日目に1人検査して1人感染者を見つけた。
2日目、10人検査したら2人いた。

これは大変だ…
もうすこし検査対象を増やしてみよう!

3日目に50人検査で5人、
4日目、200人検査で20人、
ここで検査用資材が到着

5日目、500人検査で50人
6日目、1000人検査して100人

他地域でも検査を開始
7日目、10000人検査で1000人


これは、
「感染者が6日間の間に増えたのかもしれないけど、もしかしたら最初から人口の10%が罹患してたのかもしれない」
と考えるべきではないか?

イタリアで突然100人以上の感染者が見つかり、韓国ですさまじい勢いで感染者が増加。
一方 アフリカやアジア、北朝鮮では あんまり見つかってない。

検査しなきゃ見つからないだろう。

日本の例では、長野県で患者が1人見つかった。
このひとは東京と北海道を旅行してたのだそうで、これはすでに東京や北海道で
このウィルスがごく普通にいるという事では無いのか・・・


すでに普通に存在するウィルスだけど、持病もちや高齢者などがかかると 重病化するウィルスなのではないか?
(あくまで、何の知識もない個人の感想です。絶対に信じないように!正確な情報は自身で責任をもって調べてください!)


人口密度の低い北海道で感染者が沢山見つかっているのに、感染にはもっと条件の良いはずの東京では、それほど見つかってない。

最初の方の検査は、「武漢に滞在歴のある人で、熱が37.5度」が対象だったとおもう。
次の検査対象は、「濃厚接触者」だったかな・・・
はっきり覚えてないやw


「分母が見えない」=「検査数の推移が見えない」です。
くどいけど、あくまで個人の感想ですので、信じないように。


中国でお医者さんが死んだり、日本で若い女性が重病になってるのだから、怖い病気には違いないと思う。

けど、医者がどのくらいの割合で新しい病気にかかり 亡くなっているのか、そういう基礎的な情報を 自分は知らない。
80代で持病を持っている人が ウィルス性の病気で 普段どれくらい亡くなっているのか、自分は知らない。

・・・

なんか、怖がり方を間違っている気がする。

「あたらしい風邪がはやっているので なるべく人込みは避けましょう。手洗いうがいをしっかりとして、咳が出る人はマスクをしてね」ではないか?


株ネタ的には、
「大騒ぎしすぎて 生産の停止など、実体経済に影響が出るかもしれない」ので、株価は下落中ではないのかな。

テクニカルでは、ダウが52週線にタッチした。
当面の下値の目安ではないか?という事で、ダブルインバースは利確。

月末近いので手じまいの反対売買もあるだろし、リバウンド期待で新規買いを増やした。


さて、どうなりますか。

10月23日から27日 【株ネタ】 UMCエレクトロニクス売却 【頑張ってね】

23日 18単位
24日 21単位
25日 50単位?
26日 35単位
27日 21単位


25日は買い食い。
26日は試食が多かった。

27日、知人の手伝いで荷物運びをする。
その後、千葉まで歴史地理部活動。白井町と市川市の博物館へ行った。
帰宅途中で買い食い。夕飯を持たずに出かけるのは危険だ。

【株】
25日金曜、UMCエレクトロニクス売却。
405円買い→495円売り 200株

28日に四半期決算が出れば監理ポスト脱却である程度は上がるのだろうけど、リスクをとりたくないので持ち越さなかった。

この会社で問題にされているところは、

まず、
中国連結子会社における①原価の過少計上、②棚卸資産の過大評価、③架空売上の計上、④機械装置の原価計上漏れ・・・で、

この他に、
SAPデータの改ざん、中国拠点における水増し在庫の有形固定資産への科目振替えによる在庫不正の隠
蔽、タイの連結子会社における不良在庫の未処理/廃棄損回避等の疑いが見つかり、

原価の過少計上、棚卸資産の過大評価、架空売上の計上等の修正すべき会計処理を合わせた純資産への影響額は約 56 億円で、修正の範囲は2014 年3月期の連結財務諸表まで遡る

・・・

一言で言えば、利益を大きく見せたかったんだろね。


子会社間での循環取引の有無とか解んないし、決算書を信用できないので、債務超過じゃないのかとか、営業利益が本当にあったのかを含めて 全く分からない。営業におけるキャッシュフローがマイナスなのは いただけないが。

ただ、大企業との取引があり、名門と言われる企業が大株主であるのは事実らしいから、多少は未練が残るんだけど

売ったさw


在庫に関する不正が多い。こういう不正ってどういうときに起こるのか・・・


ーー以下妄想ーー

取引先が海外に移転するのに合わせて ここも海外進出をした?

自社で企画した製品ではなく、相手に言われた通り作る、いわゆる「製造委託」だったんで、売価、原料の仕入れ先、製造手順などがかなり拘束されていたのではないか・・・

利益率が極めて低く、わずかな失敗でも利益が吹っ飛んでしまった?

でも、きちんと納品はしてたし、仕入れ先には支払いもしてた。だから取引先からの信用は増した。

取引先が人件費の上がった中国からタイへ、米中貿易摩擦を回避するためメキシコに生産を移転するにあたり、
この会社へも生産移転先への進出を期待された?

利益が上がってないから 工場を建てる金はない。
銀行に借りるにしても利益が出てない会社へは なかなか融資してくれないし・・・


そういう訳で、利益を水増しするため、在庫評価損を隠したか?

銀行融資だけでは工場の新設には足りないので、株式公開や公募増資をして資金を確保した・・・のではないか?

自社企画の商品開発とかは、何とかして利益率を上げるための努力か・・・

・・・

自分には、大企業に いいように振り回されてる中小企業にしか見えないんだが、まあ たぶん間違ってるのだろうw

経営者は苦しいだろね・・・
断る勇気とか、仕事に見合った報酬を要求すべきとか、まあ確かに正論なんだけど、

そういうことを言える立場にあったのかどうか・・・


でも、嘘ついちゃいけない。
上記妄想が大きく外れてないなら、銀行や株主が、一番の被害者になる。


28日に結果が解るらしい。
上場維持されるなら頑張ってほしいね。

4月16日、17日 【株ネタ】 大塚HDを損切。マイナス20万円超。

17日 水曜

食事 50単位
運動 歩行 なし  (4月累計 12.5時間)

買い食い 1300円位
 株がストレスの原因で 食いすぎ。あほか。


18日 木曜

食事 20単位
運動 歩行 1時間  (4月累計 13.5時間)

【株ネタ】
 ・売り 大塚HD 500株×4010円

収支 マイナス22万円位

 ・買い かんぽ生命 100株×2322円

保有 かんぽ生命100株、豊和工業 200株

反省すべきことは多々ある。
長くなるので改めて書きます。

でも、損きりしたら すっきりした。
(っω・`。)
プロフィール

satokimadara

Author:satokimadara
おじさまです。タイトルを地味に変えました。食事制限をメインにしたダイエットブログのつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR