FC2ブログ

9月24日 風張峠にいった

9月24日 日曜

奥多摩湖まで車で行き、そこから自転車で奥多摩周遊道路を 風張峠まで行った。
山の上の方は雲の中だった。

P9240161_convert_20170925220259.jpg



夏休みの やまなみハイウェイが あまりにも苦しかった。

本当に自分は自転車に乗る資格というか、能力があるのか、確認する意味で行ってみた。


奥多摩湖駐車場からだと 峠まで20㎞くらいか。
最初の8㎞は 湖沿いの平坦な道。

深山橋から 周遊道路が始まり、途中にある 山のふるさと村と言う場所から 本格的な登りになる。



結論から言えば、自分基準であるが、

ヘロヘロのへなちょこではあるが、

歩いてんだか何だか よくわからない速度ではあるが、

・・・


とりあえず登る事は出来た。深山橋から標高600m、距離たぶん12㎞を 2時間10分・・・(休憩15分含む)



前回来たときは、かなり歩いたんだけど、今回は歩かなかった。足付きも 月夜見第1駐車場での休憩を除いて 6回だったと思う。

自転車乗り基準だと まったく駄目なんだろうけれどね・・・


自宅から奥多摩湖まで車で来た分、疲れが無かったのかもしれない。


とにかく 斜度5% 標高差600m、距離12㎞は 走れることが分かった。




スポンサーサイト

やまなみハイウェイ 3日目の2

・出発
フロントに守衛さんがいるとのこと。

早朝出発するときは 声をかけて鍵を開けてもらうよう言われてたので、
温泉ホテルなら非常識な時間だけど 山小屋ならごく当たり前の 午前4時台、

呼び鈴を鳴らした。申し訳ありません。

いかにも「温泉宿の従業員」って感じのお爺さんが出てきた。

玄関のかぎを開けてもらうよう頼んだら、もうすでに開けてあるとのこと。


屋外で自転車を組み立てようとしたら、ロビーでどうぞって言われた。


九重観光ホテルさん、本当にお世話になりました。


・牧ノ戸峠
暗いうちに出発。たぶん5時少し過ぎ。

風呂に入って寝て起きて、カップ麺食ったら元気を取り戻した。
自分、なんて安上がりに出来ているんだろう。

いつも通り もたもたとペダルを回しているうちに どんどん明るくなっていく。

朝って、ありがたい物なんだね!明るいって素晴らしい。
雲で景色は見えないけれど、足もとの路面は良く見える。

それだけでもありがたい。

そんなこと思っているうちに 看板が見えたと思ったら、あっさり牧ノ戸峠についた。

ホントに近かったんだな・・・っていうか、きのう 本当にすぐ近くまで来てたんだね。
P8150152_convert_20170830222932.jpg


んで、雨だね・・・

峠を過ぎて下りになる。雨が強くなった。

いや、下り坂でスピードが増して 時間当たりの顔に当たる雨粒の量が増えたんだろう。

立ち止まるとたいして雨は降ってない。


一気に下りたいところだけど、スリップが怖いし 雨の中ずっとブレーキを使いすぎると利きが悪くなるので なるべく速度が出ないように 降りた。


P8150154_convert_20170830224351.jpg



霧の中・・・
P8150153_convert_20170830225125.jpg


高原・・・どこ?

広々とした阿蘇の草原を、風を切って走る・・・


一切そういうの無し!

雨の中、スピードが出ないように 走ってました。

泣いてない。雨が目に入っただけだ(マジで)。


8時頃に阿蘇市街に降りる事が出来た。
ほっとした。


とりあえずコンビニに入り、サンドイッチとコーヒー牛乳で乾杯。



帰りの鉄道は 11時50分台なので、物凄く時間がある。

熊本まで自転車で行けるのではないかと思い、(熊本発の新幹線なら16時台が東京への終電)コンビニにいた イケメン肥後もっこすに道を聞いた。

一通り驚かれた後、「阿蘇大橋が通れない。この道をまっすぐ行って、行けば解る」的な道案内を受けた。

道案内一つにしても県民性ってあるんだろう。ちょっとカッコよかった。



市街を走っている間、地震の爪痕を探した。
やまなみハイウェイの阿蘇側は、道路の一部だけ真新しい舗装ななっている場所が時々見られた。
崩落した場所を修復した跡らしい。

倒壊した阿蘇神社の修理中の幕を見る。

崩れた民家とか無いし、テレビでいう程大した被害ではなかったのかな?
とか不謹慎な事を考えてたら、更地の角に屋根のついた木造の門がぽつんと立っているのを見つけた。

・・・

倒壊して更地にしたけど、建て直せないのか?

ぽつぽつと見かける更地は、地震の影響か・・・?

ここに住んでいた人は・・・どこへ?


ぞっとした。


・阿蘇駅
P8150156_convert_20170831000048.jpg


阿蘇駅で東京までの切符を購入。
輪行準備してたら、外人の若いお姉ちゃん3人組が タクシーに乗り込んで 出かけて行った。

阿蘇駅、外人さんがやたら多かった。


駅前の温泉(夢の湯)に入る。開店10時、入浴料400円。

露天風呂に朝っぱらから入るとか なんて背徳的なんでしょうw


今回の旅行、なんか自転車旅行って言うより、温泉巡りみたいだな・・・


風呂から出て扇風機の風に当たる。
 
扇風機の前で、
「あーあーあー・・・わーれーわーれーわー・・・うーちゅーうーじーんーだー」

って言おうと思うのだけど、ほかに客がいるから出来ない。

自分の前で扇風機に当たってたオヤジが、帰りしなスイッチを切っていきやがった。つけ方が解らなくてうろうろしてたら、別のおやじが 「スイッチ付けるのか?ここだ。」って言いながらつけてくれた。(帰りしなは標準語です)

肥後もっこす共め・・・
ちくしょう、無駄に男らしいな。


・朝鮮族

ガイジンの親子連れが入って来た。朝鮮族らしい。

小学4年生くらいのオスガキが 真っ裸で脱衣場の外に出ようとして 親父さんに止められてた・・・と思ったら、いきなり自分の方を向いて 両手の人差し指を立てて

「ジュ・・・ジュ・・・」って言う。

新手の反日活動・・・ではなさそうだ。


どうも有料のコインロッカー(10円)の使い方が解らないらしい。

オヤジさんの方を向いて、使う手順をやってみせたら 「あー」って言った。了解したらしい。
これを境に 色々聞かれる。


バスタオルを持ったもう一人のおやじさん(30歳くらいか)が タオルや着替えを入れておく篭の前で こっちを振り返りながら
タオルを入れたり出したりしている。

「この篭にバスタオルを入れておくのか?」的な内容の質問だろうと推測。
大きくうなづいてみせたら、その篭ごと持って 浴室に行こうとした。

「ちがう、ちがう!それ持ってっちゃダメ。すもーるOK、ビッグサイズNO、マネーこっち(ロッカーの方)!」
何とか通じたらしい。

もう一人のおやじさんが 片言の日本語で聞いてきた。
「タバコ スウ」

喫煙所を探しているようだけど、そんなもの知らん!

禁煙のマークがあったのでそれを指したら 「アー」って言って了解したようだ。

凄く疲れた。

宇宙人のまねは諦めて帰ることにした。
その若い朝鮮人のお父さんに「良いご旅行を」って言って 帰ろうとしたら、ゆっくりとした動きのお辞儀をされた。

たぶんあれが朝鮮式のお辞儀なんだろう。
まあ、自分は彼らより年長者なので、そういうお辞儀の仕方を されたのかもしれない。

朝鮮人、凄くめんどくさそうな文化を生きてるんだね。大変だね・・・って思った。


駅に戻ると 列者が付いて、乗客が降りてきた。

やはりガイジンが多い。中国人は大声だからすぐわかる。
「毎日が地獄です」というプリントのシャツを着たお兄さんは、朝鮮人か?

隣の椅子で小さい子供が電車の玩具を動かして遊んでた。

「がたんがたん」って言うので、何人か知らないけど、外人も電車の走行音を「ガタンガタン」と表現するのか・・・って感心してたら、日本人だった。


・・・

日豊線の特急の中では日本人のお兄さん2人連れが 
「あんなに とり天を美味しそうに食べる○○さんは、大分県民的にはポイント高い」とか言ってたし・・・


・・・


まあ、そういうわけでやまなみハイウェイ、楽しかったです。

以上、つかれた。



やまなみハイウェイ 3日目

・九重温泉
峠を越えないと決めたので、本気の宿探し。宿が取れなければ 野宿になる。

最悪 小田池まで戻って トイレで雨宿りか・・・って思いながら、下り始めて最初のホテルに入ってみた。

あっさりと泊まれた。けど、結構高そうで・・・いや、泊まらせてもらえるだけありがたい。
ただただ感謝です。助かりました。


地図上の九重温泉と書いてあるところ。
1泊朝食付きで12000えん。

きちんとしたホテルに泊まったことがないので、安いのか高いのかよくわからない。けど、すばらしく快適だった。

ロビーで手続きをして、普段なら絶対入らないようなホテルに少しおびえつつ、きょどきょどしてたら、槇有恒の書を見つけた。久弥と書いた色紙もあった。なんか大変な登山家が泊ってた宿らしい・・・

とりあえず部屋で浴衣に着替え、カップ麺を買い食った。
塩分が感動的なほどおいしかった。


んで、貸し切り状態の露天風呂に入り、風になびく木を眺めながら、泊ってよかったって しみじみ思った。


風呂の後フロントの人と話す。
このホテルはやまなみハイウェイが出来る前からあって、当時は山小屋だったそうだ。
(それで日本登山界の大御所が泊ってたのか・・・)

他、この辺の情報として、牧ノ戸峠まではここから車で10分くらい、上の方は平たんになっているとか 阿蘇側の道路状況とか。

・・・

さっき引き返した場所、割と平坦だったような気がするんだけど・・・

まあいいか。

ロビーにパソコンがあったので使わせてもらった。夜中もご自由にお使いくださいとのことで、おもいっきりネットサーフィンできるけど・・・いいのだろうか?

自分、PC前でうだうだしだすと平気で夜が明ける そういう人種だけど。


PCを立ち上げたら、とりあえずいつも通り株価チェック。
んで、いつも通り死にそうな気分になり、ようやく調べ物に取り掛かる。

艦こ○、裏サ○デー、ガンガ○オンライン、FC2あ・・・などは当然自重。
ブログ?だれがあんなめんどくさいものw わすれてました。


帰りの鉄道の時刻表を調べるつもりだったんだけど、さっきホテルの人が言ってた話が どうも引っかかった。

牧ノ戸峠を超えた方が やはり早いのではないか?


豊肥線の阿蘇駅の時刻表、大分での乗り換え、九重温泉から峠までの距離を見て、やはり湯布院に戻るより阿蘇に抜けた方が 早いし下り基調だしで 安全だと確信した。

問題は天気だけ。


天気予報では大した雨にはならないようだけど、山の中の天気だし こればっかりは明日になって見ないとわからないよな・・・

で、寝た。


・8月15日
午前2時半、携帯に電話が入る。メールではない。
納品業者さんに15日のうちに 商品を入れておいてもらうよう頼んでたのだけど、数量を発注するのを忘れてた。

夜中に品物を作って 午前9時頃納品してくれる業者さんなので、発注を忘れるとこの時間の確認電話になる。

場違いな場所で寝ぼけながら発注した。


ちなみに こういう変な場所での仕事の電話ベスト3は、

1位 護衛艦ひゅうが(ヘリ空母)の甲板上で受けた苦情電話
2位 観艦式予行で 掃海母艦ぶんごに乗ってた時うけた苦情電話
3位 登山中何処かの山の中で受けた くじょう・・・


携帯電話って あまり良い内容の電話、かかってこない気がする。


寝ぼけながら雨の音を聞いたような気がしたけど、よく覚えてない。
ただ、「これなら大丈夫」って思いながら2度寝したのは覚えてる。


4時、携帯のアラームで起床。

身支度しながらテレビをつけた。

アナウンサーが 「熊本県南部、八代地方に大雨、避難勧告」って言ってた。

・・・

自分、これから熊本県に行くのですが?

慌ててロビーのPCに戻り、天気をチェック。雨雲レーダーを見てたら、熊本に赤や黄色の雲の帯が・・・


軽く絶望しつつ、外の音に耳を澄ました。雨は降ってないようだ。

・・・


もしかして阿蘇山が雨雲をよけてるのでは?

香川県時代、地元原住民が 瀬戸内には台風は入ってこないって言ってたのを思い出した。
四国山地が台風をブロックするらしい。それと似たような状況では?


熊本県南部が駄目でも、阿蘇は大したことないのかもしれない。天気予報を見ても、降水量は3mm程度って書いてある。


これは・・・GOだな。



 









やまなみハイウェイ 2日目の2


・鶴見山のロープウェイで小休止した。コーラを飲んだ。

・城島高原に入りしばらく行くと 由布岳登山口に出た。一度は登りたい山だったので、自転車を中止して登山に切り替えようか悩んだ。まあ今回は許してやる・・・と言う感じで通過。今度来たときはきっちり登らしてもらうからな・・・って感じで通過。

・由布岳から下りになる。今回一番景色が良くて快適な場面だった。うひゃひゃ(゚∀゚)あひゃあひゃ(゚∀゚)
って感じで下った。天気も良かったしね、少しばかり壊れても致し方ないと思う。
P8140144_convert_20170828230229.jpg

・快適なくだりはすぐに終了。その時の残念感を出すならひらがなで書くべきか。
「かいてきなくだりはすぐにしゅうりょう」

うん。


・道を間違えた。

・由布インター、その先の水分トンネルと言うのを目指す。日田久住方面に行かなければならない。大分方面は間違い。

・道を教えてくれた若いお母さんのしゃべり方と言うか、話し方が昔々好きだった女の子によく似ていることに気が付いて、緊張した。


・真正面を向いて 物凄く的確に説明する。で、その昔々の女の子 、今は多分相応のおばさんになっているだろう同級生のご両親のどっちかが 大分出身だった。あれは大分県風のしゃべり方だったのだろうか・・・


・どうでもいい話だが、自分の父は長野出身である。

中学の時、歴史地理部の顧問の先生が、自分のしゃべり方を聞いて、それを当てた。
東京住で自分には方言は無い(東京弁はある)と思ってたら、親の話し方を受け継いでいたらしい。


・更にどうでもいい話だが、親が関西出身の同級生がいた。

自分が 「『行きしな』とかしらねーよ!標準語しゃべれ!」って言ったら、「おい、まてぃ!『行きしな』は標準語や!おれは標準語しゃべってる!」って思い切り訛りながら言ってた。


・ついでにもう一つどうでもいい話だが、

正月に愛媛県で自転車に乗ってた時、八幡浜付近で数人に道を聞いた。
一通り教えてもらった後、教わった道を復唱してお礼を言って立ち去ろうとすると、もう一度同じ道順を教えてくれる。


4件5人に聞いて 全員同じだったので、これは愛媛の県民性か もしくは自分が余程の薄ら馬鹿に見えて 念押しに教えてくれたのだろうって思った。単に親切だったのかもしれないが・・・


・更にどうでもいいことを書くなら、この時の愛媛県民の方々、佐多岬へ続く道を 「九州の方、九州に向かう道!」って言ってた。
八幡浜はとりあえず大阪や東京ではなく、九州の方を向いて生きているのだろう・・・


・大分で 「四国の方!四国へ向かう道!」っていうのは聞かなかったな。


・思うほどには思われず。やむを得ないね。よくあることだ。


・まあ、四国は四国としてまとまっているのではなく、海を挟んだ対岸とのつながりの方が大きい。
東京の人間はそれを知らない。

香川は岡山、徳島は兵庫、愛媛は北が広島、中央が大分、南は宮崎か?

高知は「海の向こうはアメリカぜよ」です。

坂本龍馬、ジョン万次郎、岩崎弥太郎、・・・ですな。


・と言うようなことをうだうだ考えながら登ってました。
このあたりで結構歩いた。大汗をかいた。

水分トンネルは道幅が狭いと聞いていたが、本当に狭かった。
交通量が多い上り坂(湯布院から入った場合)。トンネルの壁がオーバーハングしてて、まっすぐ立って歩けない。


・水分トンネルを抜けると、日田久住方面と阿蘇方面の道が分かれる。


ようやくここから やまなみハイウェイですか?

「ひゃっほーーー!ようやくついたぜぇ!」でいいんですか?

なんか樹林帯なんですけど、車少ないんですけど、本当に大丈夫ですか?

って不安になるような 山の中。




雨が降って来たし。

帰ろうか本気で迷った。時間がかかりすぎているし。




でも行く。



上り下りハンパねえ・・・

ここまに来るまでに かなり汗をかいていた。
水分はとってたけど塩分補給してないので、足がつった。


小田の池と言うところで本降りになった。ここに来るまでに2Lくらい水分をとったはずだ。
雨宿りがてらトイレで小便をする。少し出た。


景色も見えないし、他にすることがない。


阿蘇の方から来た車から人が降りて来て、いぶかしそうに自転車の自分を眺めながら トイレに駆け込んでいった。

やまなみハイウェイって、やっぱり自転車で来るようなところではないんだろうか・・・


・雨が止んだので出発。本当は景色の良い場所なんだろうけど、曇ってるし 雨が降ったり止んだりで 路面ばかり見ながら走ってた。

・あさひ台と言うところを過ぎ ようやく下りになる。長者原(ちょうじゃばる)という場所を目指しているが、なかなかつかない。


・ミルクファームと言うのがあった。少しくらい観光しないとな・・・って気になって、立ち寄った。

サイロだか物置だかよくわからないけど なかなか雰囲気の良い建物がある。
その奥の民家の一角を利用したような場所で アイスクリームを売ってた。300えん。

自分の前に並んで他オバサンが ごねてた。ラムレーズンが良かったのに お店のお婆さんが 普通のをよそってしまったらしい。

お客、なぜそこまでラムレーズンにこだわるんだろ・・・
もしかして、ラムレーズンが名物なのか?

P8140146_convert_20170828231958.jpg


お客にぐちぐち言われてるお店のお婆さんが気の毒になったので、代わりに自分がその普通のアイスクリームをもらった。

普通にうまいね。んで、爪が汚いな・・・


外に出たら さっきのおばさんの旦那らしき人が タバコを吸ってた。

自撮り棒で写真を撮っているカップルがいた。

・・・

なんかみんな、あまり楽しそうではない。
さっきのラムレーズンのおばさんは 正直な人だったのかもしれない。


これもそれもすべて、天気が悪いせいだろう。



先に進む。




P8140149_convert_20170828231358.jpg

長者原から先は 緩い登りになるけど、両足がつって自転車に乗れなかった。押して歩いた。

最初の計画では 牧ノ戸峠をどんなに遅くても16時には通過だったが(別府から60㎞弱、9時間を予定)、18時を過ぎてもまだつかない。

だんだん暗くなるし雨も降るし、風まで吹いてきて、そういう時間に山に向かう異常さに 何かおかしいとは思いつつ、

「牧ノ戸峠を超えればあとは下りだ」「牧ノ戸峠にさえたどり着けば、あとはどうでもなる」って思いながら歩いてた。



道路上で遭難するはずないし、夏だし、車だって走っているし、牧ノ戸まであと少しだし・・・

高原地帯から樹林帯に入る。坂の勾配だって、ほんとうなら大したことないんだけど・・・

クルマがヘッドライトの明かりで、雲の塊を照らしながら通り過ぎた。
通り過ぎた後、辺りが一気に暗くなったような気がした。


自分が異常な事をしているって気が付いた。

計画が甘すぎた。準備不足もある。身の程知らずだった。天候を甘く見てた。

ほんとに自分は、何しに来たんだろう?

 




やまなみハイウェイ 2日目 

8月14日

・出発
4時台に起きて 黎明ヲ期シテ九重方面ニ突入ス る予定だったけど 目が覚めたのは6時ころ。
窓の外、明るくなってるし・・・

寝過した。
寝坊は夏休みの醍醐味だから 気にしないけど この2時間の寝坊が後で大きく影響することになった。

とりあえず出発の準備をする。

顔洗って、念入りにうんこして、ボトルに水を入れ、
指差し確認で忘れ物が無いかチェック。それからもう一度トイレへ・・・

枕元に置いてあった、「1時間500円で昭和のポルノ映画見放題」なパンフレットに少しばかり未練を残しつつ、チェックアウト。

宿の前で自転車を組み立て、6時50分出発。

スタート時の感想。

「俺、今、九州を自転車で走ってるんだよな。なぜ こんなことしてるんだろ?」

駅前の道を下って大通りを左折。気分よく走ってたら ママチャリに抜かされた。


・・・・


本日の予定というかノルマは、大分・熊本県道11号 別府一の宮線、通称やまなみハイウェイを通り 阿蘇まで。

あわよくば ミルクロードに入って遅くなっても構わないので熊本まで行けたら・・・って思ってた。

結果は 阿蘇にもたどり着けなかった。

・・・

とにかくずっと登り坂だった。山に行くのだから当たり前だけど、それは重々承知しているつもりではありますが、 とにかく 坂!坂!坂! ちっとは自重しろよ坂道!


やまなみハイウェイに行くっていう人はなぁ・・・

広い青空の下、草原の中の快適な道を 風を切って走ることを イメージしてるんだよ。わかりますか?坂?


ちくしょう、なんでこんなに坂道なんだ・・・


ってくらい坂でした。以上です。


・・・


まあ これで今回の旅行の記録は十分なはずなんだけど、もう少し書きますか。








プロフィール

satokimadara

Author:satokimadara
おじさまです。タイトルを地味に変えました。食事制限をメインにしたダイエットブログのつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR