23日 日曜日
午前中内勤。
月曜に納品する商品を 日曜午後持って行くことになった。

休めたのは、土曜の終業から日曜の始業までの数時間と、
日曜の内勤終了から夕方出発するまでの3時間くらいだったな・・・

まあ、こういう日もある、やむを得ないものは即ち仕方ない。日曜は諦めた。

・・・

で、五月の連休は5月4日の1日だけとなった。


希望を持つから失望するんだ。

最初から何も望まなければ、ガッカリする事なんてない、そういう人生を選んだ自分の責任だ、さあ諦めて働こう、仕事があるって素晴らしい事ではないか、注文が無くてわずか2000円の売り上げの為に1日潰して働いたこともある、それを思えば幸せだ、だからがんばろう、他人が休む事と自分が休むことに何の関連もない、さあ働こう、死ぬまで働けるのが自営業のいいところだ、労基だって「家族分はけっこうです」って言ってたし、自己責任だ、自己責任、働け死ぬまで死んでもいいから仕事しよう、それがエコノミックアニマル、日本語にすると 経済動物・・・


・・・

夜、千葉まで納品に行った。お得意さんの惣菜部で 買い食いした。700円くらいだったかな?

仕方ないと思う。帰宅24時半すぎだったか。
覚えてない。


・24日 月曜
日曜頑張った分だけ ゆっくりと仕事が出来た。落ち着いた。

畑に行ったら、大根や小松菜の芽が出ていた。
近所の区画の人と話をしたり、草をとったりした。

見慣れない草を植えてたので、「それは なんですか?」って聞いたら、ユリだそうだ。
食用のユリ根を作ってるのかと思ったら、あくまで観賞用との事。

自分も、花を育てるのもいいな・・・って思ってたので、切り花用のヒマワリと、コスモスの種を買ってある。

採れたて野菜も贅沢だけど、部屋に花を飾るのは更に贅沢だろう。
だが、花を育てだすと、いよいよ本格的なジジイだとも思う。

そういう訳で、まだ種は撒いてない。


25日 火曜
午前中外回りして、午後から内勤。16時台に終業!

素晴らしい!

風が強い。自転車のライトに使う 充電用のケーブルを買った。

5月の予定をたてた。
長野方面に自転車に乗りに行く。日帰り予定。
雨なら中止。

本来はテント泊でゆっくり回りたかったんだが、まあ仕方ない。
目的地までの移動も、新幹線を使うことになる。

今年の予算の旅費が足りなくなるけど、まあ仕方ない。(予算、少なすぎだったか?)

動けるうちに動いておかないと、年を取った後多分後悔すると思う。
遊べるときは遊ぶ。

そう考えたら、なんか張り合いが出た。
月末まで仕事頑張ろう!

・・・

それにしても自分、今月まだ1日も休んでないような気がするんだが・・・

たぶん、気のせいだな。
スポンサーサイト
2017.04.25 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
1週間ぶりの更新。

きつい一週間だった。
カロリー計算とかしなかったしな・・・

16日日曜は、夕方から仕事。
お得意さんが新しい機械を入れたので 材料の納品がてら その試運転に付き合った。面白かったし勉強にもなったけど、帰宅は21時過ぎ。

・17日 月曜は 午前4時起床。
早起きしなければいけない日の前夜は なかなか眠むれなかったりする。
うとうとしている間に起きる時間になるんで、結果寝不足。

んで、寝不足のまま午後は千葉まで納品に行って、帰宅は翌18日午前1時半過ぎだったか・・・
記憶があいまいだ。

寝不足なのに、眠いのに、昼頃菜園に行って 小松菜と大根とインゲンの種をまいてきた。


・18日から20日は内勤で 都心方面への配送は無かった。
この間に畑に行って草取りをしたり 自炊強化月間らしくポトフとか作ってた。

古着屋でシャツを1着買った。すこしきつい。なぜ買ったんだろ?

ジャガイモの芽が大分出てきたしエンドウも順調。

先日図書館で借りてきた、遺書を集めた本を読んだ。
感想は、「妙に生き生きした文章が多いな・・・」

・21日 金曜は都心方面に納品。帰宅23時半くらい。ねむかった。疲れが溜まりまくってる感じ。
自転車のライトの充電に使うUSBケーブルが無くなってるのに気が付いた。

・22日 土曜
ようやくたどり着いた週末なんだけど、明日の日曜も仕事になりましたとさ。
父母を巻き込むのがつらい。


・・・

そういう訳で、今週は基本的に「五月の連休前の忙しさ」だったと思う。

忙しさのピークは来週に入ってからだろうし、ホントどうなるんだろう・・・って心配なんだけど、

まあ大抵は、なんとかなるし、なんとかする。


そういう訳で、明日は日曜だから 午前中に仕事をやっつけて、午後からあそびに行きたい。
畑は、土曜日夜の時点で雨が降ってるので お休み。

2017.04.22 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
つづき

・松山
夜遅く、松山駅に到着。

松山は13歳の時に鉄道旅行の時に通って以来なんで、34年ぶりである。
特に感想は無い。

駅員がいるのに自動では無い改札を通って外に出た。昔風の改札だけど、昔すぎて覚えてない・・・

松山市駅(路面電車の駅、事実上の松山の中心地)近くのカプセルホテルまで 輪行袋を担いで歩いた。

遠くて重くて、道が解らなくて・・・

正月早々 これだけ苦労しているんだから、
今年も良いことがあるだろう、いやあるべきだ。むしろ無ければおかしい。ちくしょう・・・


カプセルホテルに到着して この日の予定終了。目出度いような目出度くないような 微妙な新年だ。


平成29年1月2日

・カプセルホテル
初めて泊まったけど、これほど快適とは思わなかった。(テント泊に比べてであるが)
結果的に翌日も泊まった。

思えば去年の正月は 雲取山のテント場で 汲み取りトイレの中をライトで照らしちゃったり、強風の中、寒さでガタガタ震えてたんだよな。

暖かいって素晴らしい。寝床が傾斜してないって素晴らしい。夜中にシカの声で目を覚まさないって素晴らしい。便器の中に茶色い物が山になってないって 本当に素晴らしい。

・・・

これからは、年齢に相応の旅行をしないとね。

そういう訳で 4時台に起きる。滞在時間とか気にしたら負けだ。


昨晩?の自転車担ぎという苦行に懲りたので、自転車を組み立てて出発。

いよいよいよのくにでの 自転車旅行の始まり。

・JR松山駅
JR松山駅まで数分走った。
1月の西日本の朝は 「やる気あるのか?」って問いかけたくなる位遅い。
暗い道を自転車で走るのって、路面状況が解らなくていやなんだが・・・

街灯に照らされた暗い道を 気分だけは颯爽と走る。

駅について 自転車を再び分解し 輪行準備・・・

自分は恐らく、 この日この時、松山市内で最も活動的に働いていた人間の一人だろう。
まあ1月2日の早朝って どこも静かだけど・・・


前日松山駅の駅員に サイクルトレインについて尋ねた。
松山から宇和島に向かう特急列車には 自転車を分解せずそのまま積み込めるというサービスがあるのだそうだ。
ただし、多客期は連結しないそうで、客のいない時に こっそりとつないでいるとか。

昨日それを確認したら、コンピュータの電源を切ってしまったとかで 自転車を積める車両がつながれているか わからないと言われた。

・・・

昨日の駅員さんがいたので聞いたら 今日はつないでないとのこと。

で、輪行であり、正月早々 自分は働き者なのである。


・八幡浜
宇和島方面に行く始発の特急で八幡浜に行く。
真っ暗な車窓に頭をくっつけて ぼんやりする。景色など見えない。

窓に映る自分の顔を見ながら、つくづく 胡散臭い顔だと思った。

八幡浜に降りたのは自分一人だった。乗ってきた列車を見送って、跨線橋を自転車を担いで渡り駅の外へ。

本日の予定は、八幡浜から「夕焼け小焼けライン」という海岸沿いの道を走り、松山へ。
そこで少し観光をして 今度は「浜風ライン」という道を走り 今治まで行く予定だった。
(結果的に松山までになった)

駅前で自転車を組み立てた。寒かった。何かの宗教団体の人が 駅前の掃除をしてた。挨拶された。

・・・

全然楽しい気分ではない・・・
自転車を組み立てている間に 駅に併設されたコンビニが開店した。

駅と言えば 「キオスク」だろおおおおおおおおお なぜセブンイレブンなんだあああああ・・・

というのが 八幡浜の最大の感想である。

駅前の道を左に進んだ。
今度こそ 本当の自転車旅行の始まりである。この時はそう思ってた。

左に行って1つ目の信号(角に大きな駐車場を持ったスーパーがある)を右折するらしい。

・・・

坂になってた。
ちょっとした山越えである。朝っぱらから坂道なぞ走りたくないので引き返した。

・・・

駅前に戻り 今度は右方向に進んだ。看板に松山方面とあるので間違いないだろう。

ゆるい上り坂が続いた。ミカンの木があった。

道にミカンが落ちていた。
さすが愛媛県。香川県がいくら「うどん県」を自称しても、道にうどんは落ちてないし、また落とすべきでもない。

・・・

石碑が立ってた。戦没者の名簿だった。何となく見てた。何故か女の人の名前が1つ見えた。

・・・

・・・

なんか違う・・・

なんていうか、地味すぎる。

コンビニから出てきた客に 「夕焼け小焼けライン」を聞いたら、さっきのスーパーの交差点を曲がって 山に登る道が正解だそうだ。

・・・

三度八幡浜駅へ・・・








2017.04.16 Sun l 自転車 l COM(0) TB(0) l top ▲
平成29年 1月

1月1日 
新幹線輪行にて愛媛県の松山まで行った。

正月に自転車を新幹線に持ち込む勇気。図々しさともいう。

・自宅近くの駅打ち消し文
自宅近くの駅で切符を買う。最近は自販機で新幹線や乗り継ぎの特急券まで買えるらしい。

買い方が解らなかった・・・

駅員に聞いている間に 乗ろうとしていた電車が出てしまった。
本数の少ない路線なので、乗り継ぎに不安があった。
若い駅員さんに次の列車とその乗り継ぎを聞いたら、タブレットでヤフーの路線を調べてくれた。

あれ、駄目なんだよな・・・

昔ながらの時刻表を借りて自分で調べた。

その間、さっきの若い駅員さんは外人の客に英語で案内をしてた。さすがJR。1部上場企業の従業員さんはすげえ・・・けど、ヤフー路線図なんだよな・・・

・新幹線
東京駅から新幹線に乗った。座れた。車両後部の座席の後ろに自転車を置くことも出来た。
自転車が倒れてないか不安だったので、座席を立って何回か見にいった。

デッキに若いお母さんが子供を抱えて立ってたので、席を譲ろうとしたら ベビーカーにもう1人赤ん坊がいるので 座席には座れないのだそうだ。子供の分と自分の席が2つ空いてないと どうやら座る事は出来ないらしい。

隣の席の若いお兄さんに席を譲るようにも言えないしな・・・

・22年ぶりの四国へ
岡山で下車。香川県に住んでいたので、岡山駅は帰省の時に何度も利用した。
瀬戸大橋線のホームは、ずいぶんとくたびれた感じに見えた。
輪行袋を担いだまま駅の外に出て、また戻る。町の案内板を眺めただけで岡山観光は終了。

自分、内田百閒のファンなのです・・・
ドレ位のファンかと言えば、岡山大を受験したくらい。

まあ、香川に行ったんだけどね。



駅中のコンビニで通路をふさいで立ち話してた10代くらいのお嬢さんに 「すみません」と言ってどいてもらおうとしたら、「きもっ」といわれた。
若いお嬢さんにとっては、中年オヤジに声を掛けられたこと自体が許せなかったんだろう。

即座に弱虫ペダルのミドウスジ君を思い出した自分は、まあ確かにキモイおやじだけど・・・


このお嬢さんのお顔が、ミドウスジ君似で無かったら その場で 「うっせえ、ぶす」位の言葉はかけてあげたんだけど 気の毒すぎて声をかけてあげられなかった。頑張って生きろよ、田舎者。

・・・

負け惜しみ思考をフル回転しつつ 特急列車に乗る。特急なんだけど、ぼろい。
んで、この感想には、多少の八つ当たりも入っているからJRは気にしなくてもよい。

夜になってたので 瀬戸大橋線からの景色はなかった。坂出の工業地帯の明かりが見えて 四国上陸。

高松からの特急列車を連結する作業を見る為 ホームに降りた。 22年ぶりの香川県。
香川弁丸出しの車掌が 他の乗務員と話をしてた。

「わやや (駄目だとか、うまくいかないという意味)」とか、語尾に「のう」を付ける会話を久しぶりに聞いた。
懐かしいんだけど、故郷の言葉ではないので感動の無い懐かしさとでもいいますか。

列車が動き出して、色々な事を考えたり思い出したりした。
そん時に思ったこと。「40代半ばまで生きた。この間の人生、学生の時に考えてたほど 悪くなかった。何とかなるものだ・・・」

ライトアップされた丸亀城を車内から見て 香川観光は終了。



2017.04.16 Sun l 自転車 l COM(0) TB(0) l top ▲
14日 36単位
15日 15単位

14日 金曜
帰宅22時半。千葉まで納品あり。ひたすら眠かった。
某納品先のお役所で、ルリタテハを見た。追いかけたかったな・・・


15日 土曜
昼頃菜園に行った。
ジャガイモとエンドウの芽が出ていた。うれし。
で、明るい時間に見るmy畑は、石ころだらけだった。

午後から内勤する。21時終業。それから第2便へ。
陽気がだいぶ暖かくなってきた。


疲れているせいか最近、心が動かない気がする。

嬉しくもなく、悲しくもなく、腹も立たず、それでいて別段 詰まらなくもない。
なんだろ、この気持ち?

物凄く普通の気分だ。

この1週間の出来事。
・なくしたと思ってたデジカメのケーブルが見つかった。
・靴を買った
・散髪に行った


普通だな。
2017.04.16 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲